1. ホーム
  2. ロボット教室のQ&A
  3. ≫ロボット教室はコース毎に教材(ロボットキット)を購入するの?

ロボット教室はコース毎に教材(ロボットキット)を購入するの?

ベーシックやミドルは1つのロボットキットをもとにして、毎月1体のロボットを作るので、ロボットキット(教材)を進級時に買い直すことはありません。
ただし、アドバンスコース進級時の場合は授業にセンサー類などの部品が必要になるので、追加で購入となります。

ロボット教室の流れ

ロボット教室の教材は高橋先生が監修したブロックとモーターやギアなど電子部品で構成されたオリジナルロボットキットです。それをもとに、ベーシック、ミドルのコースは毎月貰う設計図を元に1つの月で1体を作り、次回の授業時にはロボットは分解して、別のロボットに組み立てることを繰り返します。
ベーシックやプライマリーが始まる前に部品の仕組みや道具の使い方など、ロボットを作る上で必要な知識をスタートアップ講座で1ヶ月ほど追加で受けてからコースが始まります。

コース名 最大期間と制作数
プライマリーコース 6ヶ月で6体のロボットを作る。
ベーシックコース 最長18ヶ月で18体のロボットを作る。
ミドルコース 最長18ヶ月で18体のロボットを作る。
アドバンスコース 12ヶ月で6体のロボットを作る。

期間を全て修了していなくても進級が可能で、ミドルからアドバンスへの進級時には12か月以上ミドルコースを受講している必要があります。

疑問まとめ

プライマリーコースとは?

5~6歳児を対象に、集中力、達成感、文字を読む力、数を数える力などの力を養い、学ぶ下地作りを目標にしたコースで、ベーシックコースへ進級する際は教具(ロボットキット)がそのまま利用できます。

コースの流れが分かりません

プライマリーコースは5~6歳児を対象にしたコースで、ベーシックコースは主に小学生を対象にしたコースです。どちらから受講しても最終的にはミドル、アドバンスへ進級できます。
進級の流れ(参考例)
スタートップ講座→ベーシック→ミドル→アドバンス
スタートップ講座→プライマリー→ベーシック→ミドル→アドバンス