ロボット教室のコースや学習期間はどれくらい?

ヒューマンアカデミーのロボット教室のコースは5つがあります。

[box type="kakomi" color="green" title="基本コース" icon="fas fa-seedling"]
  1. [label color="orange" text="B"]:ベーシックコース(1年半)
  2. [label color="green" text="M"]:ミドルコース(1年半)
  3. [label color="blue" text="A"]:アドバンスコース(2年)
[/box]

低学年から通う場合「ベーシック」を受講して、ミドル、アドバンスに進級する3つのコースを「基本コース[注1]」と当サイトでは位置付けをしています。その性質から特化型の教室を除けばほとんどの教室が扱っています。受講期間を合計すると5年になります。

[box type="kakomi" color="blue" title="派生コース" icon="fas fa-code-branch"]
  • [label color="pink" text="P"]:プライマリーコース(1年間)
  • [label color="wp" text="R"]:ロボティクスプロフェッサーコース
[/box]

上記2つのコースは教室によっては扱っているって感じで、当サイトでは「派生コース[注1]」と位置付けをしています。

[label color="pink" text="P"]は、主に5、6歳の年長児に向いたコース。進級はベーシックコース[出2]
[label color="wp" text="R"]は、アドバンスコースの修了生や中学生を対象にロボット工学とプログラミングを学べる講座

[box type="daen" color="black2-gray" title="進級の進み方" icon="fas fa-route"]
  • [label color="pink" text="P基礎"][label color="pink" text="P"][label color="orange" text="B"][label color="green" text="M"][label color="blue" text="A"][label color="wp" text="R"]
  • [label color="orange" text="B基礎"][label color="orange" text="B"][label color="green" text="M"][label color="blue" text="A"][label color="wp" text="R"]
[/box]

PBMコースまとめ

[label color="pink" text="P基礎"]スタートアップ講座(プライマリー用)
対象 これからプライマリーコースを受講する生徒。
期間 1ヵ月間
概略 プライマリーコースで学ぶ前の基礎講座
ロボットの制作に必要な知識などを習得する。
[label color="pink" text="P"]プライマリーコース
対象 低年齢の児童など
期間 12ヶ月間(1年間)
概略 ベーシックコースで学ぶ前のウォーミングアップ的な講座
集中力や数える力など、学ぶ力の下地作りも目指す
[label color="orange" text="B基礎"]スタートアップ講座(ベーシック用)
対象 これからベーシックコースを受講する生徒
期間 1ヵ月間
概略 プライマリーコースから進級した場合は対象外。
ロボットの制作に必要な知識などを学ぶ[label color="orange" text="B"]用の基礎講座
[label color="orange" text="B"]ベーシックコース
対象 低学年など
期間 最長18ヶ月(1年6ヶ月)
概略 ロボットを組み立てて構造や仕組みなどを学ぶ。
達成感から解決力、完成まで考える事でクリエイティブな感性を養うことなど
[label color="green" text="M"]ミドルコース
対象 ベーシックコースの修了生
中学年など
期間 最長18ヶ月(1年6ヶ月)
概略 制作するロボットの難易度が上がり、これまでの教室で学んだ知識や培った経験をよく使いよく考えて挑戦する

ひと月に1体のロボットを作る。

[label color="pink" text="P"][label color="orange" text="B"][label color="green" text="M"]カリキュラム(1コマ90分×月2回)
1回目は基本制作 テキストに沿って、ロボットを組み上げる。
2回目は応用実施 基本制作で組んだロボットを工夫や改造をする。

ロボット教室は、基本的に製作と応用を繰り返す体験型の授業になります。
「百聞は一見にしかず」とは違いますが、実際に数十もの部品を組み合わせていくことで、図解で説明されるよりも直観的に理解しやすく板書での画一的な授業とは違った、それぞれの試行錯誤があり達成感があるものです。
目標に到達した達成感は自信につながる大切な要素になるでしょう。

授業がひと月に2回でマンネリ化しにくく、別のお稽古や塾に通う場合でも、スケジュールを組み立てやすいのも特徴のひとつです。詳細な

「毎月ロボットを作るとたまるので」と思われるかもしれませんが、
頑張って完成したロボットでも、残念ながらバラバラにして、次の授業で使います。また組んでまたバラして……を繰り返すので、たまっていくことはありません。また進級ごとにロボットキット代を買って負担が増える心配もありません。詳細な

[A]アドバンスコース

ミドルコースを規定の日数 受講した場合に進級できます。[1]
通常の授業時間(1コマ90分×月2回)はこれまで通りですが、1ヶ月に1作品の制作から、2ヶ月に1作品に変わります。

[label color="blue" text="A"]アドバンスコース
対象 最低12ヶ月以上ミドルコースを受講した生徒
期間 24ヶ月(2年)
概要 じっくりとプログラミングを学び、より高度なロボット作りを行う。
実際に作って動かすことで「学びに向かう力」「考える力」の習得も目指す。

アドバンスコースでは、ロボットの内装的な要素「プログラミング」を、ロボット制作に取り組みつつ学びます。これまでよりも高度なロボット制作になるので、追加でモーターやマイコンなどパーツの購入が必要です。

プログラミングの学習は、文字入力に頼らない視覚的タッチ操作で学べる専用アプリが提供されます。これは中学年の児童が理解しやすく専用のタブレットの提供もあるので自宅でも学びたい生徒に嬉しい環境でしょう。

脚注

注釈

  1. ^ 「基本コース」「派生コース」のくくりは便宜上で分類したもの。厳密には公式の記載ではない。
  2. 2016年の記載からパンフレットや公式サイトの記載と照らして修正(2019年6月). パンフレットはウェブ上の場合.[label color="blue" text="参考1"]:トリムパーク学童クラブ「元気っ子」(新規ロボット教室開校(2019年4月~)). [label color="blue" text="参考2"]「伝習館」内([label color="red" text="PDF"]:160622ロボット教室プライマリーコースA4チラシ)から確認できる。
  3. コースやカリキュラムの説明は冗長になるためおおよその俯瞰で記載.
  4. 指導内容は定期的に見直されているので記述とは異なる場合がある。[label color="red" text="追記予定"]

出典

  1. ^ ヒューマンアカデミー ロボット教室 アドバンスプログラミングコースを2017年9月に新規開講. アドバンスコースの概要などの出典元.
  2. ^ ヒューマンアカデミー ロボット教室 プライマリーコース」開講. 参照は主に、1.プライマリーコースの進級時のロボットキット(教具)を継続利用。2.プライマリーにスタートアップ講座があることなど.受講期間は現在1年 .参照:ヒューマンアカデミーロボット教室「カリキュラム・コース紹介」2019年5月閲覧
おすすめの記事